税金にはどんな種類があるの?

日本国民の義務の一つとして納税の義務があります。納税と言っても様々な税金がありますが、国内に住んでいる場合に支払うべき住民税と言うものがあります。 自治体や所得によって金額が異なり、この税金は住んでいる自治体に還元されます。今回は住民税・所得税にスポットを当てています。

住む・働くだけで支払う税金とは?

税金と言うと消費税や酒税、相続税などが挙げられますが、大人になると様々な税金を支払わなければなりません。納税は義務なので、これらを未納するとペナルティが課せられますし時には罰金や懲役になるケースもあります。
ちなみに税金にはどの様なものがあるのでしょうか?大きく分けると国税と地方税があり、国税は国に納める税金で地方税は住んでいるエリアの自治体に納税します。
またこれらの税金も直接税と間接税に分かれ、直接税は所得税や法人税、住民税があり、自分で直接支払う税金の事です。間接税は消費税や酒税、入湯税といった、自分と納税先の間に企業が介しているパターンです。
税金を未納、滞納した時は延滞税と言う税金が加算されます。税金は法定納付期限という期限が決められていて、それまでに納税する必要があります。何らかの理由がある場合はすぐに納税署へ申告しなければなりませんが無視していると、先程説明した延滞税が加算され続けます。延滞税の年利は未納額に対し年14.6%の割合とかなり高くなりますので注意が必要です。
それでも滞納していると督促から始まり、財産の差し押さえ、財産の換価が行われます。督促状は税金の種類によって2~5回程送られてくるのですが、いつまでに支払いをする様にと書かれた文章がメインです。
その後差し押さえが始まり、資産や口座の凍結が行われます。但し差し押さえは資産や納税する資力があるのに納めない場合に適用されるので、支払い能力の無い方は該当しません。

会社勤めをしているなら社会保険を納めよう

起業やフリーランス・サラリーマンと様々な働き方がありますが、大半を占めるサラリーマンが納める税金について紹介しています。 これらの税金は社会保険と呼び、ほとんどのケースが給与から天引きされています。これを機に給与明細書から、どのくらい納税しているか確認してみませんか?

フリーランスやフリーターが納める税金

企業に努めていない自営業やフリーランス、またはフリーターには社会保険はありません。その分、別の形で税金を納めなければなりませんので注意して下さい。 ちなみにこれらの税金の未納が発覚した時の状況についても説明しているので、期限を守り税金を納めて下さい。

△ ページTOPへ